仙台で注文住宅を建てる工務店・ハウスメーカー » これからの仙台の住宅に必要な4つの性能 » 暑さ・寒さに強い家

暑さ・寒さに強い家

仙台の家に求められる高気密高断熱住宅とは何かの説明や住宅会社の見分け方を紹介します。

高気密高断熱住宅とは?仙台の注文住宅建築のコツ

暑さ・寒さに強い家とは何か?
それは気密・断熱・遮熱性能が優れた家を意味します。こうした家には主に以下の3つのメリットが生まれます。

夏に涼しく冬に暖かい

仙台の冬の寒さが厳しいのはいうまでもありません。しかし、高気密高断熱の家なら、室内の熱を逃がさず外気温の影響が少なくなるので、暑い時期・寒い時期でも比較的快適に暮らすことができます。

家の中の場所による温度差が少なくなる

温度差は外気温と室温だけではなく、家の中でも場所による差があることを忘れてはなりません。
例えば、冬場に居室は暖房で暖かくても廊下やトイレは寒い家だと、その温度差によって高齢者にはヒートショックという負担がかかるのです。そこで家全体の気密性と断熱性を高めて、室内の温度差をできるだけなくすことも重要です。

冷暖房効率がよくなる

上で紹介したように、家自体のつくりによって気密性と断熱性を高めれば、冷暖房効率がよくなり、結果的に省エネにもなります。部屋ごとに冷暖房設備をフルに使うのに比べて、大きな節約になると思います。

注文住宅会社選びで考える高気密高断熱住宅とは

仙台の注文住宅建築で高気密高断熱住宅とは何かを考える法律で認定を受ける長期優良住宅なら断熱性能や省エネ性能も高いので、まずは認定住宅かをチェックしましょう。その上で数値によって比較検討できるのが住宅のQ値C値というデータ。

Q値とは室内から室外に逃げる熱の床面積あたりの数値で、小さいほど断熱性能が高い家。

C値とは床面積1m2あたりのすきまを数値化したもので、こちらも小さいほど断熱性能が高い家といえます。

次世代省エネ基準で宮城県はIII地域になっていて、Q値は2.4W/m2・K以下、C値は5.0cm2/m2以下という基準。高気密高断熱住宅とアピールしている家なら数値はより厳しい基準で建てられるので、暖房費が基準の半分以下に抑えられる場合もあるのです。

こうした家は建物全体を包み込むような外断熱工法を採用しているケースが多く見られます。

また、遮熱効果も夏場の冷房効率に大きく影響するもの。一般的には壁に遮熱シートを使うのですが、屋根や窓にも遮熱シートを採用した家ならより効果が高くなります。こうした点も踏まえて、注文住宅会社にはQ値とC値がいくつかをしっかり確認しておきましょう。

お得な価格プランあり!
仙台でおすすめの注文住宅
\ 999万円~ /
  • 豊栄建設(仙台)の注文住宅の施工写真引用元:豊栄建設
    (https://www.hoeikensetsu.jp/case/?p=4947)
  • 豊栄建設(仙台)の注文住宅の施工写真引用元:豊栄建設
    (https://www.hoeikensetsu.jp/case/?p=4973)
  • 豊栄建設(仙台)の注文住宅の施工写真引用元:豊栄建設
    (https://www.hoeikensetsu.jp/case/?p=389)
「チャレンジ999」プラン

豊栄建設

999万のデザイン・性能を
公式サイトでチェック

\ 1,092万円~ /
  • アイリュウ住宅(仙台)の注文住宅の施工写真引用文:アイリュウ住宅
    (http://www.airyu.jp/works.php?i=28)
  • アイリュウ住宅(仙台)の注文住宅の施工写真引用文:アイリュウ住宅
    (http://www.airyu.jp/works.php?i=25)
  • アイリュウ住宅(仙台)の注文住宅の施工写真引用文:アイリュウ住宅
    (http://www.airyu.jp/works.php?i=43)
「収納大空間の家」プラン

アイリュウ住宅

1,092万のデザイン・性能を
公式サイトでチェック

\ 1,405万円~ /
  • スモリの家(仙台)の注文住宅の施工写真引用文:スモリの家
    (https://www.sumori.jp/case/abe/)
  • スモリの家(仙台)の注文住宅の施工写真引用文:スモリの家
    (https://www.sumori.jp/case/hiratsuka/)
  • スモリの家(仙台)の注文住宅の施工写真引用文:スモリの家
    (https://www.sumori.jp/case/sato/)